TOP > 周辺観光のご案内

周辺観光のご案内

道の駅 藤樹の里あどがわ

道の駅 藤樹の里あどがわ

TOUJYU NO SATO ADOGAWA

伝統工芸品・扇子の絵付け体験工房では、職人のプロの技を間近に見ながらオリジナルの扇子作りに挑戦。お腹がすいたら、レストランやファストフードコーナ−でゆっくりお食事を ・・ ・。地元で採れた新鮮野菜や湖魚をふんだんに使ったメニューが豊富です。広々とした地元特産品売場では、気に入った工芸品やおいしいお土産を。
ホームページはこちら

箱館山

箱館山

HAKODATEYAMA

標高547mの箱館山は登山、ハイキング、キャンプ、スキーと1年を通じて多くの人が訪れます。特に冬は良質の雪に加え、ICS(人工造雪装置)を用い、12月から4月まで毎日スキーが出来る関西屈指のスキー場となります。

ホームページはこちら

びわ湖バレイ

びわ湖バレースキー場

BIWAKO VALLEY

標高1174mで山頂にあるゲレンデ。
大型ロープウェイで最高約3分半でゲレンデへ向かうことができます。
近畿の水瓶とも言われる雄大な「琵琶湖」を見下ろしながら滑走できる
メインゲレンデや林間コースなどがありビギナーからエキスパートまで楽しめるゲレンデです。
また雪の遊園地「スノーランド」や本格派の方へ「ハーフパイプ」など、アイテムも充実しております。
当館から車で30分

ホームページはこちら

竹生島

竹生島めぐり

CHIKUBUSHIMA MEGURI

周囲2km、面積0.14平方キロメートル、花崗岩で成り、全島緑樹におおわれ、古来より人々の厚い信仰を集める島です。宝巌寺と都久夫須麻神社があり、多くの参詣の人々が訪れます。

白鬚神社

白鬚神社

SHIRAHIGE JINJYA

近江の厳島として親しまれ湖中に立つ朱塗りの大鳥居。澄んだ湖面に影を落としている景観は一見に値することでしょう。現在の社殿は慶長8年豊臣秀頼が造営したもので、国指定重要文化財となっています。御祭神は猿田彦命で延命長寿の神様として、またすべての「みちびき神」として広く親しまれています。毎年9月5日、6日の大祭には有名な「なるこ参り」の神事が行われ多くの参拝者で賑わっています。〈高島駅から3.8km〉

陽明園

陽明園

YOUMEIEN

中国浙江省余姚市との友好交流を記念して、そのほとんどを中国の材料を用いて建設した中国式庭園です。その中心となる「陽明亭」は、余姚市の龍泉山公園にある陽明亭をもとに、明代の建築様式によって復元されたものです。

四高桜の碑

四高桜の碑

SHIKOSAKURA NO HI

昭和16年4月、旧制四高(現金沢大学)漕艇部員11人が、当町沖の琵琶湖でボート練習中、比良八講の突風にあおられ遭難。現場近くの萩の浜にはこの事故を悼み、ソメイヨシノが植えられています。また、この事故を悼んで作られた歌「琵琶湖哀歌」(作詞奥野椰子夫、作曲菊池博、唱東海林太郎・小笠原美都子)は、今も広く県民に愛唱されています。

鴨稲荷山古墳

鴨稲荷山古墳

KAMOINARIYAMA KOHUN

明治35年、県道工事の際に、石の唐櫃が発掘されました。その中には壁面を朱で塗られ、真っ赤であったと伝えられています。出土品の内、金製耳飾りと立派な環頭太刀飾りは東京国立博物館に収納されています。大正11,12年には京都帝大の浜田・梅原の両博士により学術調査が行われ一躍有名になりました。築造年代は6世紀前半で、被葬者は継体天皇を擁立した近江三尾氏の族長であろうと考えられています。〈高島駅から3.8km〉

座禅草

座禅草

ZAZENSOU

その花の形が、僧侶が座禅を組んでいるように見えることから名付けられた『座禅草』。開花の際に発熱するという珍しい植物で、その群生地は環境保全地区に指定され、たくさん群生している場所は日本でもめずらしい。2〜3月にかけて開花しますので是非観察してみて下さい。

びわこ箱館山ゆり園

びわこ箱館山ゆり園

BIWAKOHAKODATEYAMAYURIEN

関西最大級のゆり園!眼下に広がるびわ湖と250万輪のゆりが描き出す一夏だけの美景をお楽しみください。
※開園期間 : 7月上旬〜8月中旬

ホームページはこちら

このページトップへ